相続税ウェブサイト


Q.191
遺産相続について、何も分からないのですが、どんな事から自分自身も目にしていった...

遺産相続について、何も分からないのですが、どんな事から自分自身も目にしていったらいいでしょうか。弁護士や信託銀行に相談するにしろ、知識が足りません。理解している家族がいますが、自分自身力不足です。


A.191
遺産相続について、何も分からないのですが、どんな事から自分自身も目にしていった のベストアンサー

ネットから、相続の流れなど、書いてあるサイトが多くあります。まず、それを参考にしてみてはどうでしょうか、私自身もそうしました。かなり、知識は増えると思います。



   

Q.192
遺産相続について、私の父は余命わずかとなっています。父の前妻(死別)のお墓(父...

遺産相続について、私の父は余命わずかとなっています。父の前妻(死別)のお墓(父名義)があり、そのお墓が東北の震災で倒壊してしまっています。そのお墓を修復するのではなく永代供養にしようかと考えております。お墓は福島県にあり私は三重県在住です、父が亡くなる前に福島のお寺に行き解決してくるべきか、または父が亡くなってからでも構わないのでしょうか?遺産相続とは負の遺産、お墓も相続すると聞いております。永代供養とした場合の費用は相続人全員で負担すべきと考えますが、万一父が亡くなる前に永代供養とした場合は全額私が立て替えて後で相続人から負担してもらうということになるのでしょうか?


A.192
遺産相続について、私の父は余命わずかとなっています。父の前妻(死別)のお墓(父 のベストアンサー

相続人となる方皆さんに提案して同意のもとに事前に解決してもよいように思います。亡くなってからでも良いでしょう。費用についても事前に見積もりをしてもらって均等でないにしても全員に負担をお願いしてもよいように思います。相続財産からその分を控除して遺産分割をする方法もあるかと思います。みなさんが合意するならどのような方法・負担割合であっても間違いではありません。



   

Q.193
遺産分割協議書について教えて下さい。今、私の父が余命わずかとなり、いつ亡くなる...

遺産分割協議書について教えて下さい。今、私の父が余命わずかとなり、いつ亡くなるかわからない状態です。母(後妻)は健在です。子供は5人ですが上の3人は(前妻の子供)で兄と私は今の母の子供です。子供5人の仲が悪く、母とも信頼関係にないような状態です。それで以前知恵袋で質問したところ、相続とは被相続人が亡くなると同時に自然に開始される、被相続人が亡くなった時は速やかに遺産分割協議をして司法書士に遺産分割協議書を作成してもらっておく方が後々問題にならなくて済むと回答をもらいました。父が亡くなった場合、遺産相続、遺産分割協議、遺産分割協議書の作成について期限のような規則はあるのでしょうか?


A.193
遺産分割協議書について教えて下さい。今、私の父が余命わずかとなり、いつ亡くなる のベストアンサー

旭川の行政書士の小林です。相続放棄をするなら相続が開始されたことを知ってから3か月以内に行う必要があります。裁判所>相続放棄の申述相続放棄しないなら、それほど急ぐ必要はありません。国税庁>相続税の申告と納税相続税がかかる場合の相続税の申告は被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に行うことになっています。相続人が6人いるなら1億2千万円以上の遺産が無ければ非課税になります。国税庁>相続税の計算遺産分割協議書は司法書士以外の士業でも作れます。不動産があるなら司法書士が良いでしょうが不動産がないようなら行政書士でもかまいません。分割協議がなかなか整わないときは家庭裁判所で調停で協議することもできます。裁判所>遺産分割調停



 
 

Q.194
遺産相続についてです。わたしの祖母が残した遺産が3700万ほどありました。父と...

遺産相続についてです。わたしの祖母が残した遺産が3700万ほどありました。父と母は離婚していて弟とわたしだけが父の家族です。祖母の遺書などはありません。わたしたち兄弟が受け取る遺産はないのでしょうか?父はすべて俺が使い切ると贅沢三昧をして数年で使い果たしました。ひどい性格の父なので母が出て行ったのですが^^;


A.194
遺産相続についてです。わたしの祖母が残した遺産が3700万ほどありました。父と のベストアンサー

父方の祖母が亡くなって、祖母の子供は質問者さんからみての父親だけということでよろしいですか。その場合、相続人は父親だけです。書かれているような事情ではご不満はあるでしょうが、法律上はそうなってしまいます。



   

Q.195
遺産相続について・・・・私の父は余命わずかな状態です。寝たきりで手も動かせず、...

遺産相続について・・・・私の父は余命わずかな状態です。寝たきりで手も動かせず、言葉も話せません、認知症もあります。ですから遺言書というのはありませんし、今から作成することも不可能です。しかし、遺産相続とは被相続人が亡くなった時点でそこからすぐに自然に始まると聞きました。相続人は負の遺産もお墓も相続することになるとも聞きました。東北の震災で父の名義のお墓が倒壊してしまい未だ何も対処していません。お寺からも何の連絡もありません。東北に住んでいる親戚に見に行ってもらい倒壊していることを知りました(私は東海地方に住んでおります)。早くお墓を何とかしなければならないとは考えております。父がいつ亡くなってもおかしくない状況なため東北に行って対処してくることができません。そこで教えていただきたいのですが、遺産相続とは被相続人が亡くなってからいつまでに行わなければならないという規則等はあるのでしょうか?私以外の相続人(兄弟)にはお墓の件でしばらく待ってもらうことは問題ないのでしょうか?


A.195
遺産相続について・・・・私の父は余命わずかな状態です。寝たきりで手も動かせず、 のベストアンサー

相続は、被相続人(亡くなった方)が亡くなったことにより当然に発生しますので、相続人(あなた方)が何かをしないと相続できないということではありません。逆に言えば、負の遺産、つまり借金についても当然に相続してしまいますので、お父さんに借金があることが明らかであれば、相続の開始を知った時(通常は亡くなった時)から3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をするか、相続人全員で話し合って限定承認の手続を執りましょう。ちなみに、相続税は基礎控除が大きいため実際に相続税が課せられる人は資産のある上位5%程度であり、あなたのお父さんが相当な資産家でない限りはまず問題にならないでしょう。お墓をどうするかについては、法律の問題というよりは気持ちの問題であって、いつまでに何かしなければならないという問題ではありませんので、相続人同士でどうするかよく話し合ってください。



 souzokuzeiwebsite.jpg
 


トップページ




Copyright(C)相続税ウェブサイト